猫と本で人生を楽しく!

猫や本に関して楽しく書いていきます。

20代の社会人におすすめ本(「学びを結果に変えるアウトプット大全」)

 

みなさん、こんにちわ。

今回は30代の私が20代のときに読んでおきたかった本を紹介します。

「なぜ、読んでほしいのか」や本の中の参考になった内容などを書いていき、20代の社会人の方の参考にしていただきたいと思います。

 

まず今回、紹介する本は

学びを結果に変えるアウトプット大全

著書:樺沢 紫苑

出版:サンクチュアリ出版

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2019/3/21時点)


 

 

【目次】

 

 

1、購入の理由

 まず、私がこの本を購入した理由は最近、記憶力がなくなってきたなと感じたためです。いくら、インプットしてもすぐに忘れてしまうのです。やはり、年を取るとだめですね(笑)。今までと同じではダメなら、やり方を変えるしかないと思いました。そこで、インプットではなく、アウトプットに力を入れてみようと思い、この本を購入しました。

 

2、おすすめの理由

 私はこの本を単に記憶力がなくなり、アウトプットのことを知りたいということで購入しましたが、読んでみると社会人として必要なことが書かれているので20代の若い社会人の方には、この本をぜひ読んでほしいと思いました。

 具体的には、アウトプットの重要性・企画書の作り方・上司への説明の仕方・文章力向上・プレゼン資料の作り方などが書かれており、社会人として必要なスキルを身に付けるためのコツが書かれています。社会人になって10年になる私もなるほどと何回も思いました。すべてが参考になるわけではないですが、若い社会人の方には役に立つはずですので、ぜひ読んでほしいと思います。

 

、「学びを結果に変えるアウトプット大全のポイント

 

 ここでは、実際に読んでみて参考になるもの書いていきたいと思います。

 

・質問の仕方

 社会人になると質問をしなければならない機会が多いです。そして、私も質問する機会があります。質問することは社会人のマナーであると考えています。

 この本では「質問を考えながら相手の話を聞く」、「相手にも周りにも喜ばれる質問をする」、「話の流れに沿った質問をする」をポイントに挙げています。

 

・文章力向上

「たくさん読んでたくさん書く」、「常に誰かに読まれているつもりで書く」

 

・プレゼンスライドの作り方

「ノートにアイデアを書き出し、最後にパソコンで資料を作る」

 

・企画書

「まずは手書きで書く」、「普段から企画書を作る」、「いつも企画書を書くためのネタ集める」

 

・30点を目指す

「何をするときでも、まずは30点のものを作る。その後、手直しし、ブラッシュアップしていく」

 

・教える

「最強のアウトプット」、「何かを学んだ時は誰かに説明する意識を持つ」

 

・ノートを取る

「仕事やプライベートのことなどすべて1冊のノートにまとめる」、「ノートを2週間に3回見直すことで記憶が定着する」

 

4、最後に

 以上のポイントなどから、この本を20代の社会人の方におすすめします。この本は教科書みたいになっているので読みやすいと思います。私はこの本を読んでノートを取るようになりました。そのおかげか、以前よりかは記憶しやすくなったと思います。みなさん、ぜひ一度読んでみてください。