猫と本で人生を楽しく!

猫や本に関して楽しく書いていきます。

人生の無駄を省きたい方や決断力が無い方におすすめの本「何を捨て何を残すかで人生は決まる」

みなさん、こんにちわ。

  今日、紹介する本は何を捨て何を残すかで人生は決まるです。みなさんは人生で無駄だなと思うこと色々ありませんか?

 私はあります。衝動買いしたものや人からもらったもので捨てられない、会社の飲み会などの付き合いなど・・・。みなさんも少しは心当たりあると思います。この本では、そのような様々な場面での無駄を省くコツが書いています。

 ただ、この本で書いてあることは家庭を持っている方には無理なことも書いているので、無理難題が書いていることろは、ここでは書かないでおきます。気になる方は手に取って読んでみてください。

 


 

 

 

【目次】

1、本購入の目的

2、おすすめの理由

3、本のポイント

 

1、本購入の目的

 私は中々、物を捨てることができません。「いつか使うだろう」、「せっかく買ったのにもったいない」などの気持ちがあり、物を捨てることが苦手でした。そのため、この本で「物を捨てるコツ」などが書いてないかと思い購入しました。

 

2、おすすめの理由

 この本には、人生の無駄を省くときのコツや決断をするためのコツが書いてある点がおすすめポイントです。私はこの本を断舎利するコツが知りたかったので購入したのですが、読んでみると「人生の無駄を省くためにはどうすればいいのか」や「決断することの大切さ」など自分の人生をより豊かにするためにはどうすればいいのかなどのアドバイスが書いてあり、予想以上に面白かったです。

 

3、本のポイント

(1)人生の無駄を省く

 今の世の中には、物が溢れかえっています。そのため、この本では

 

「これからは何かを集めるのではなく、減らし、削ぎ落としていく感覚と、自分にとって必要かどうかを見極める能力が重要になってきます。」

 

と書かれています。無駄を省くためには、受動的にならずに能動的に行動する音が大切です。そして、これは物だけに限らず、人間関係においても大切であると書かれています。自分にとって無駄な付き合いは極力減らし、ひとりの時間を作ることも大切です。ひとりの時間を作ることで自分で考える余裕が生まれてきます。

 

(2)決断

 無駄なものを省くためには、決断しなければなりません。仕事であったり、私生活であったり、無駄を省くためには自分で決断し、選び取っていくことで自分自身に必要ないものを捨てることができます。なお、決断するために必要な能力が紹介されています。それは

自分にフィロソフィーに従って判断していく能力

です。

 

(3)新しいことを体験する大切さ

  この本ではお金の使い方についても書いてあり、自分を成長させるための投資は積極的にするべきであるとのことです。そして、人が成長するためには新しいことを体験、経験するなどの変化が必要です。

  ただ、今の日本人には仕事に追われ忙しく、新しいことを体験する時間が取れない人も多いと思います。そのため、時間を強制的に作ることが必要です。自分を成長させるためにもどんどん新しいことにチャレンジしたください。