猫と本で人生を楽しく!

猫や本に関して楽しく書いていきます。

〈2019年度 ラン活〉私たちのランドセルの選び方

みなさん、こんにちは!

 最近、暑い日が続いていました。この前の土曜日には運動会も多くの学校で行われました。親御さんは暑い中お疲れさまでした。運動会も終え、落ち着きたいところでしょうが、来年小学校になる子どもがいる親御さんはやらなければならないことがあります。それは「ラン活」です。そもそも、ラン活って何って思う方もいるかもしれませんので、今回は「ラン活」について説明するとともに、私たちの「ラン活」について書いていきたいと思います。

【目次】

 

1、ラン活とは

 

 「ラン活」とはランドセルを購入する活動のことです。ラン活なんて大げさだなぁと思う人もいるかもしれませんが、今は人気のあるランドセルは夏前に売り切れてしまいます。そのため、ランドセル業界の動きも早くなりつつあり、4月には各地でランドセルの展示会などが開催されました。

 

2、私たちが求めたランドセル

 私の子どもは男の子で背が小さいです。そこで私たちが求めたランドセルは

(1)黒色

(2)シンプル

(3)子どもの負担が少ない

(4)A4ファイルが入る

(5)牛革

という5つの条件を満たすものです。

3、私たちが購入を考えたランドセルのブランド

 

(1)天使のはね

(2)フィットちゃん

(3)土屋鞄

(4)中村鞄

(5)黒川鞄

(6)ガルソン

(7)池田屋

 

4、私たちのラン活の時系列

 

3月:資料請求

 上記の7つのランドセルブランドの資料を公式ホームページから請求しました。

 

4月:各店舗・ショールームの見学

 見学することで各ランドセルを実際に見てきました。この時期でも土日は各店舗、家族連れで賑わっていました。やはり、ラン活の時期が早まっていますね。私たちはいくつかのランドセルを実際に見ていくつかブランドに絞ることができました。

 それは天使のはね、中村鞄の2つです。理由は天使のはねは子どもがランドセルを背負ったときに痛くなかったため、また、中村鞄はデザインがシンプルで素材感がよかったためです。他のランドセルは子どもが痛がったり、素材感がザラザラしていたりで候補から外れました。

 ただ、候補のランドセルで背負わずに候補から外したものがあります。それは黒川鞄です。私たちが銀座にある黒川鞄の店舗に行ったときに予告もなく店舗が営業していませんでした。店の前には店舗が開くのを待っていた方が多くいましたが、昼になっても店が開くことはありませんでした。私たちは昼になっても開かないので諦めましたが、遠方から来た方は諦めきれずに待っていました。

 私のこの件で客を蔑ろにするような店からランドセルは購入したくないと考え、黒川鞄を候補から外しました。黒川鞄nランドセルの購入を考えている方は注意してください。

 

5月:GW期間に中村鞄のランドセルを購入

 私たちはGW期間中にランドセルを購入しようと決め、再度「中村鞄」を訪問しました。中村鞄のランドセルは私たちが求めていたランドセルだったのですが、4月に子どもが背負ったときに痛いといったのです。しかし、中村鞄を諦められない私たちはもう一回、子どもに背負わせて痛いと訴えるようなら「天使のはね」にしようと決めていました。そして、子どもに中村鞄のランドセルを恐る恐る背負わせてみたのです。そうすると、子どもが「痛くない」と言ったのです。前は「痛い」と言っていたのになぜ今回は痛くなかったのか考えました。おそらく、4月に訪問したときより革が柔らかくなっていたのだと思います。多くの子どもが展示してあるランドセルを背負ったため革が柔らかくなったのでしょう。

 そして、私たちはその場で「中村鞄」のランドセルを購入しました。私たち家族の「ラン活」が終了しました。

5、最後に 

 私たちの「ラン活」は5月で無事に終了しました。まだ、ラン活を始めていない方、今からでも間に合います。ランドセルは子どもが6年間使います。せっかく、購入するのですから、子どもの親も納得するランドセルを選んでください。次回は各ランドセルの特徴やおすすめのランドセルについて書いていきたいと思います。